> ギルド HOME > 製品案内 > 蔵書検索サービス G-OPAC > 運用について

インターネット蔵書検索サービス G-OPAC − 運用について

公開するデータはE-Mail に添付するだけ!
・公開したいデータ(テキスト形式)を E-Mail で送信するだけです
 *G-OPACユーザー用メールアドレスに送信頂きます
・送信頂いたデータをあらかじめ決められたタイミングでインターネット公開いたします
 *公開するタイミングは別途お打合せで決めさせて頂きます

画面デザインの変更や表示項目の変更も E-Mail で!
・画面の色合いやデザインの変更も E-mail で変更依頼(変更については一部有償)
・項目の増減や非表示なども E-Mail にて変更依頼を受け付けております
・カテゴリの追加・修正・削除やデータの削除なども E-Mail で依頼します

データの保全について
・インターネット公開の性質上、お客様データの保障していません
 *但しお客様のアップロードデータを保管・管理しております

セキュリティ対策に関して
・不正アクセス防止策の実施
・ウイルス対策の実施
 *但しインターネット公開の性質上、ウイルス対策や不正アクセスへの完全防止の保障はありません

監視体制について
・サーバーダウンについてはオートチェックプログラムにて24時間/365日監視(15分単位で監視)
・障害時にはバックアップアドレスをご提供し、バックアップアドレスに切り替えて運用頂きます

稼動時間に関して
・365日/24時間
 *システムメンテナンスや障害発生時にはサービスを一時停止します。
  停止時は緊急の場合を除きお客様に事前に通知(E-Mail)いたします